抗うつ剤の症状を確認【精神を安定させたり意欲を起こさせたりする】

女性

気を付けるべき点

カウンセリング

これだけは注意しよう

うつ病になった際に、多くの人は医者から抗うつ剤を処方されます。しかし、それは少し使い方に注意しなければいけません。とはいっても、しっかりとした服用方法で服用していれば、大きな被害を受けることはないので安心してください。まず、この薬は副作用があることに注意してください。その中でも代表的なものは、吐き気やむかつきです。これらは薬を服用し始めて間もないころにおこる副作用です。これらは、脳にある吐き気をコントロールする部位を刺激することで起こります。そのため、胃の炎症で吐き気やむかつきが起こっているわけではないという事が重要なポイントになってきます。多くの場合、これらの副作用は薬を服用し続けていると徐々におさまってきます。もしも、不安に感じているのであれば医者に相談してみてください。とはいっても、健康に重大な被害をもたらすことはありません。ほかには、薬を服用し始めたり薬の量を増やしたりしてから2週間以内に多く見られる症状として、パニック状態になったり怒りっぽくなったりといったものがみられます。しかし、これらの症状はすべて一過性のものです。そのまま服用を続けていけば、何の問題もなく治っていきます。とにかく、抗うつ剤を服用して気になることがあれば医師に相談するのがベストです。うつ病には様々な治療方法があります。これは、うつ病という病が精神的な理由で発症するという事が大きくかかわってきます。まず、初期のうつ病の治療法は、休養を取るという事です。精神的にダメージを受けているであろう場所からいったん離れることによって症状が改善されることがあります。特別な治療はいらないので、まずは休養を取ることから始めましょう。それでもだめならば、抗うつ剤を用いた治療に移ります。抗うつ剤を用いた治療では、注意点がいくつかあるので医師の指示通りに服用しましょう。基本的に医師の指示通りに薬を服用して、わからないことがあれば医師に相談するという事を意識すれば、抗うつ剤を用いた治療が行えます。薬に抵抗感を持つ方も多いでしょうが、ほかの病気と同じように体の異常を修正することが必要なので、薬が必要なこともあります。昔の抗うつ剤に多かった副作用は、現在のものは改善されています。そのため、安心して服用することが可能です。そして、最終的に精神療法を行います。精神療法はうつ病を治療する段階の最後のほうに行われます。なぜなら、精神療法にはうつ病のぶり返しを予防する効果があるからです。これらの3つの方法が主なうつ病に治療方法になります。