抗うつ剤の症状を確認【精神を安定させたり意欲を起こさせたりする】

男性

効き方は十人十色

薬

うつ病の治療のベースになるのは抗うつ剤であることがほとんどです。しかし、うつ病のタイプや症状の変化により処方の仕方は変わってきます。相談しやすく、こちらの意見にもきちんと耳を傾けてくれる医師選びが重要です。

もっと詳しく

気を付けるべき点

カウンセリング

抗うつ剤は以前よりも副作用が改善されています。しかし、服用直後に体に異変が起こることはあります。その際は医師の指示を仰ぎましょう。うつ病の治療は、休養と抗うつ剤の摂取、精神療法の3つが代表的なものになります。

もっと詳しく

ストレスが引き金になる

薬

うつ病になると全てが嫌になって、やる気が起きなくなったり不安にとりつかれたりします。うつ病はストレスや不幸が重なったりして起きることがあり、真面目で責任感の強い人に起きやすい傾向があります。治療は医師の精神療法と抗うつ剤の投与で行います。

もっと詳しく

細かい症状も伝えておく

聴診器と医薬品

経済的に不安がある人が抗うつ剤を使いながら治療を続けたとしても、保険が適用できるために長期的な治療を受ける事ができます。初めて診察を受ける際には、精神的にどのような変化があったのかメモしておくと、医師も症状を判別しやすいです。

もっと詳しく

落ち込みから抜け出せない

看護師

専門家に相談を

うつ病には疲れが取れないとか眠れないといった肉体的な症状のほかに、イライラしたり不安を感じたりする精神的な症状があります。こうした状態は誰でもストレスが溜まれば経験することですが、いつまでも抜け出せないようなら病気を疑ったほうが良いかもしれません。うつ病はセロトニンやノルアドレナリンという神経伝達物質が不足することで、さまざまな不具合が発生する病気です。抗うつ剤は脳内で神経伝達物質の量を増やし、精神を安定させたり意欲を起こさせたりする作用があります。抗うつ剤は原則として医師の処方が必要な医薬品で、一般の薬局では購入できません。また個人輸入も禁止されているので注意が必要です。市販されているサプリメントや漢方薬などは、ある程度の効果は期待できますが、抗うつ剤と併用するのは避けてください。抗うつ剤の服用を始めると、一時的に頭痛や吐き気などの副作用が現れることがあります。体が慣れれば治まってきますが、なかなか治らないようなら医師に相談してください。効果が現れるには2週間〜1か月ほどかかるので、気長に服用を続ける必要があります。大量に飲めば早く効くわけではなく、医師の指示に従って適切な用法・用量を守ることが大切です。うつ病の大きな原因は精神的なストレスなので、ストレス解消が予防の基本になります。ただし仕事に集中していたり、生活環境が大きく変化したりしたときは、本人がストレスに気づいていない場合があります。普段と違う様子があれば、家族や友人や同僚が注意してあげることも大切です。本人が意識していても、現在の環境から容易に抜け出せないこともあるでしょう。たとえば疲れているので仕事を休みたくても、そう簡単に休暇が取れるとは限りません。そんなとき我慢してストレスを抱え込んでしまうと、さらに状態が悪化する恐れがあります。悩みがあるなら誰かに話してみることが、ストレス解消のきっかけになります。もちろん精神科や心療内科などの専門家に相談するのも効果的です。必要ならば抗うつ剤や抗不安薬・精神安定剤などの処方を受け、症状を和らげることもできるでしょう。医療従事者には守秘義務があるので、受診したことを他人に知られる心配はありません。自分がうつ病かもしれないと感じたときは、インターネットなどの簡易診断を利用してみるのもひとつの方法です。ただしこうした診断の結果は目安にすぎないので、本当に抗うつ剤を服用すべきかどうかは医師の判断に任せてください。